おかねのべんきょうキット 両替ゲーム、お買い物ごっこでお金を身近に感じよう! ※ 対象年齢 4歳〜 詳しくはこちら

世の中には、ずっと長いあいだ解決(かいけつ)できていない問題がたくさんあります。

それらの問題を世界中の人たちが力を合わせて解決(かいけつ)しようと、193の国が集まって話し合い、17の目標(もくひょう)を定めました。それらを「エス・ディー・ジーズ(SDGs)」と呼んでいます。「エス・ディー・ジーズ(SDGs)」は、「だれひとり取り残さない」ための取り組みで、2030年12月31日までにやりきろうとしています。

日本も、もちろんその目標(もくひょう)に取り組むことになっています。

みんながこの目標(もくひょう)を知らないことには、やりきることはできない。だからまず、その目標(もくひょう)をひとつずつ説明(せつめい)するね。

イラスト:カトウナオコ

目標(もくひょう)1
ひどく貧(まず)しいくらしをする人をなくす【貧困(ひんこん)をなくそう】

1番目の目標(もくひょう)は、世界中で「ひどく貧(まず)しいくらしをしている人」をなくすことです。

世界には、1日に使えるお金が200円までという人たちが、だいたい7億(おく)人(日本中の人の6倍くらい)います。

「お金を使わない日が1日くらいあってもだいじょうぶじゃない?」と思うかもしれませんが、1日だけがまんすればよいわけではなく、明日も、あさっても、ずっとそのくらしです。その200円で、食べ物や水、電気、住む場所、服など、生きていくのに必要(ひつよう)なものをやりくりしなければなりません。

子どもでいうと、世界中で3億(おく)人以上、6人に一人の子どもがそんなくらしをしています。

これは外国だけの話ではありません。日本でもおなかいっぱい食べられない、病院に行けない貧(まず)しい人が増えています。

【考えよう!調べよう!】

  • 今日、家に帰れず、200円しかないとしたら、何に使うかな?
  • どうして、貧(まず)しいくらしになる人がいるんだろう?

目標(もくひょう)2
すべての人に安全で栄養(えいよう)のある食べ物を【飢餓(きが)をゼロに】

2番目の目標(もくひょう)は、世界中のだれもが、安全で栄養(えいよう)のあるものを食べられるようになることです。

みんなはごはんを残したり、捨(す)てたりしていないかな?

世界中の4人に一人は、いつも食べ物が足りないか、体によくない食べ物しかありません。

さらに、10人に一人は、その日食べるものがまったくないほどのつらいくらしです。

どうして食べ物が足りないかというと…

  • 気温が高すぎる、雨がふらない、反対に大雨や洪水(こうずい)で作物が取れない
  • 貧(まず)しくて食べ物が買えない
  • 人の数が増(ふ)えている国では、食べ物が足りない

などのわけがあります。

【考えよう!調べよう!】

  • 日本では1日あたりどれくらいの食べ物が捨(す)てられているか?調べてみよう。
  • 今日食べたものの材料(ざいりょう)は、どこで作られているか調べてみよう。

目標(もくひょう)3
みんなが元気に生まれ、健康(けんこう)でいられますように【すべての人に健康(けんこう)と福祉(ふくし)を】

3番目の目標(もくひょう)は、だれもが元気に生まれ、健康(けんこう)にくらせる世界になることです。

世界には、10人に1人が5才になる前に死んでしまう国もあります。

お医者さんや薬が足りなくて、病気を防(ふせ)げない、治(なお)せない国もあります。

また、元気にくらすには、体だけでなく心の健康(けんこう)も大切です。

どんな人でも、どんなこまりごとでも、みんなで解決(かいけつ)し、幸せになれるよう助け合うしくみも必要(ひつよう)です。

【考えよう!調べよう!】

  • 病気にならないために、必要(ひつよう)なことは何だろう?
  • 日本で、若い人なのに死んでしまうことがあるのは、なぜだろう?

目標(もくひょう)4
みんなが学校に行けますように【質(しつ)の高い教育をみんなに】

4番目の目標(もくひょう)は、世界中のみんなが学校に行けるようになることです。

  • 大人が戦争(せんそう)やあらそいごとをしていて、安全に学校に通えない
  • 家族を支(ささ)えるために働(はたら)かされて、学校に行く時間がない
  • 障(しょう)がいや、女であることを理由に学校に行かせてもらえない
  • 学校、先生、教科書が足りない

などの理由で、世界中の子どものうち、12人に1人くらいが小学校に通えず、6人に1人は中学校に通えていません。

学校に行けないと、文字の読み書きができないまま大人になってしまいます。

文字が読めないと、できる仕事が限(かぎ)られてしまいます。

【考えよう!調べよう!】

  • 学校で学ぶことには、どんな意味があるのだろう?
  • 学校に行く子どもが少なくなると、世の中はどうなるだろう?

目標(もくひょう)5
男か女かで、差(さ)をつけない世の中にしよう【ジェンダー平等を実現しよう】

5番目の目標(もくひょう)は、男か女かを気にせず、同じようにくらせる社会を作ることです。

きみは、「男のくせに」「女の子なんだから」なんて言われたり、聞いたりしたことはないかな?

ざんねんなことに、世の中ではこんなことが起こることがある。

  • 女であることを理由に、学校に行かせてもらえないことがある
  • 女であることを理由に、仕事でチャレンジできなかったり、リーダーになれなかったりする
  • 女の人や女の子が、モノのように売られたり買われたり、痛(いた)めつけられたりする

世界中の156の国で、女の人と男の人がどのくらい同じようにくらせているかを調べてみたらどうだったと思う? 残念(ざんねん)ながら日本は、女の人が男の人と同じように暮らせていないとして、ランキングは120位(い)、下から数えたほうが早いくらいなんだ。

たとえば「校長先生」。たとえばテレビに出てくる「社長さん」や「大臣(だいじん)」、「はかせ」などは男の人が多くないかな? それってなぜなんだろう。

【考えよう!調べよう!】

  • 「男の子だから」「女の子だから」と言われたり、思ったりしたことはあるかな?
  • 男の人が、「赤ちゃんや子どもの世話をするために会社を休む」ことをどう思う?

目標(もくひょう)6
きれいな水とトイレをみんなに【安全な水とトイレを世界中に】

6番目の目標(もくひょう)は、いつでもきれいな水やトイレが使える社会を作ることです。

日本ではじゃ口をひねれば安全な水が出てきますが、世界に住む人の4人に1人は、水道のないくらしをしています。また、水道があっても、飲める水ではなかったり、値段(ねだん)がとても高かったり、ときどき止まってしまったりします。

また、12人に1人くらいはトイレがないので、外の草むらなどでウンチやおしっこをしています。

【考えよう!調べよう!】

  • 水道が使えなくなったら、きみのくらしはどうなる?
  • 外でウンチやおしっこをし続(つづ)けたら、どうなると思う?

目標(もくひょう)7
エネルギーを使えるように、できるだけ地球をよごさずに【エネルギーをみんなに。そしてクリーンに】

7番目の目標(もくひょう)は、いつでもどこでも自由に、エネルギーが安く使える社会を作ることです。

エネルギーとは、「光を出す」「温めたり冷やしたりする」「音を出す」「ものを動かす」などのはたらきをしてくれるもののこと。

みんなの家で言うと、明かりやエアコン、冷蔵庫、テレビ、スマホなどが電気で動いているね。料理(りょうり)はガスや電気が使われる。車は、ガソリンで動くもののほかに、電気で動くものもあるね。これらは、すべて「エネルギー」を使っているんだ。

ただ、世界では、10人に1人くらいが家で電気が使えません。

電線が通っていても、毎日のように電気が止まってしまう国もある。

料理(りょうり)にガスや電気を使えない人たちもいるし、ガソリンが高くて使えない人もいる。

だから、どこでも安く、手軽にエネルギーが使えるようにしていきたいという目標(もくひょう)があるんだ。

ちなみに、ものを燃(も)やしてつくる「火力エネルギー」は、地球の気温をどんどん上げてしまうと言われているので、太陽光や水の力、風の力といった、地球にやさしいエネルギーと言われる「再生可能(さいせいかのう)エネルギー」を使っていこうという目標(もくひょう)もあるよ。

【考えよう!調べよう!】

  • 電気が使えないと、きみの1日はどうなるかな?
  • 再生可能(さいせいかのう)エネルギーには、どんなものがあるかな?

目標(もくひょう)8
だれもがやりがいのある仕事をして、みんなで豊(ゆた)かになろう【働(はたら)きがいも経済成長(けいざいせいちょう)も】

8番目の目標(もくひょう)は、みんなが人間らしい仕事、やりがいのある仕事をして、豊(ゆた)かになっていこうというもの。

世界には、こんな人たちがたくさんいる。

  • 働(はたら)きたいのに、仕事につくことができない
  • いっしょうけんめいたくさん働(はたら)いても、いつまでたっても貧(まず)しい
  • 家を助けるために、子どもが働(はたら)かなければならない
  • 子どもが戦争(せんそう)で兵士(へいし)として戦(たたか)わされる

【考えよう!調べよう!】

  • 働かない人、働けない人が増(ふ)えた国は、どうなるだろう。
  • 「安いこと」はだれにとってもいいことだろうか?みんなが安売り競争(きょうそう)をしたら、どうなるだろう?

目標(もくひょう)9
社会やくらしの土台を整えよう【産業(さんぎょう)と技術革新(ぎじゅつかくしん)の基盤(きばん)を作ろう】

9番目の目標(もくひょう)は、社会やくらしの土台(「インフラ」といいます)が整った社会を作ることです。

インフラには、水道や電気、道路や橋、鉄道、病院や学校などがあります。

きみがいま使っているインターネットもインフラの1つですが、世界のだいたい2人に1人くらいがインターネットにアクセスできません。

いったんインフラが整っても、地震(じしん)や台風などの災害(さいがい)で使えなくなってしまうことがある。

そういうときに、すばやく元に戻(もど)せるよう準備(じゅんび)しておくことも大切なんだ。

【考えよう!調べよう!】

  • 日本で、インフラが使えなくなったくらいの災害(さいがい)はどんなものがあるだろう。
  • インフラは、だれのお金で、だれが決めて作っているんだろう。

目標(もくひょう)10
人や国によって差(さ)をつけない社会にしよう【人や国の不平等(ふびょうどう)をなくそう】

10番目の目標(もくひょう)は、人や国によって差(さ)をつけない社会を作ることです。

いま、お金のある人はますますお金持ちに、お金のない人はますます貧(まず)しくなっています。

たとえば、世界中の水を、100人に1人くらいの人は思いきりじゃぶじゃぶ使えるいっぽうで、89人には生きていくのに必要(ひつよう)な水さえ足りず、10人はいつものどがかわいているとしたら、ちょっとヘンじゃないかな?

お金だってそれと同じで、苦しいほど貧(まず)しい人たちがいるなら、もうすこしその差(さ)を小さくしていくべきなんだ。

また、悲しいことに「女だから」「障(しょう)がいがあるから」「外国人だから」といった理由でそんをしたり、なかま外れにされたりすることがある。

どんな人にも、同じようにチャンスがある社会がいいよね。

【考えよう!調べよう!】

  • 日本では、女の人と男の人では、仕事をしてもらえるお金に差があるのかな。
  • 自分のまちでは、障(しょう)がいのある人はどんな仕事をしているのだろう。

目標(もくひょう)11
【住み続(つづ)けられるまちづくりを】

11番目の目標(もくひょう)は、みんなが住(す)みやすいまちを作ることです。

たとえば日本でも、大雨や台風で家が流されたり壊(こわ)れたりして、住(す)みなれた場所を離(はな)れないといけなくなる人たちは毎年のようにいるよね。

世界でも、そんなふうに災害(さいがい)にこまる人たちがだんだん増(ふ)え続(つづ)けています。

でも、安全で便利(べんり)な場所にあって、大雨や台風にも強い家は、高すぎて多くの人には買えないことが多い。

どんな人でも、高すぎない値段(ねだん)で、安全な家に住めるようにしよう、という目標(もくひょう)です。

また、大きなまちでは、電車やバスがたくさん通っているけれど、いなかのほうではそうでもない。電車もバスも通っていないところもある。

そうすると、自分の車がないとか、車の免許(めんきょ)がない人は、買い物にもこまってしまう。元気でお金のある人だけでなく、障(しょう)がいのある人やおじいさん・おばあさんでも、毎日の買い物にこまらないまちにしようにしようという目標(もくひょう)もあるよ。

【考えよう!調べよう!】

  • ここ1年で日本に大雨や台風で水につかったり、壊(こわ)れたりした家はあったかな。
  • 近くにお店がなく、車を運転できない人は、どうやって買い物をすればいいだろう。

目標(もくひょう)12
ムリとムダを減(へ)らそう【つくる責任、つかう責任】

12番目の目標は、ムリとムダを減(へ)らすことです。

ムリってなんだろう?

人間はお金をもうけようとして、ついやりすぎてしまうことがある。

地球や生き物を痛(いた)めつけてしまうとか、今はよくても、子どもやその子どもが大人になったときこまってしまうようなむちゃなモノのつくりかたや売り方をやめよう、ということ。

そして、つくる人だけでなく、つかうほうの人たちも「ムダ」を減らすことが大切。

たとえば「食べ残(のこ)し」。きみは、日本の学校の給食(きゅうしょく)がどのくらい捨(す)てられているか知っているかな?

計算によると、子どもひとりにつき、1年間にお茶碗(ちゃわん)45杯(はい)もの食べ物を、捨(す)てているんだって。

世界では食べるものがない人たちもいるのに、もったいないね。

【考えよう!調べよう!】

  • 学校や家で「食べ残(のこ)し」を減(へ)らすにはどうしたらいいだろう?
  • 賞味期限(しょうみきげん)と消費期限(しょうひきげん)の違(ちが)いは何だろう。

目標(もくひょう)13
自然災害(しぜんさいがい)を減(へ)らそう 【気候変動(きこうへんどう)に具体的(ぐたいてき)な対策(たいさく)を】

13番目の目標(もくひょう)は、自然災害(しぜんさいがい)を減(へ)らすことです。

おじいさんやおばあさんが子どもだったころと比(くら)べても、今の日本の気温はじわじわと上がってきているし、川があふれてしまうような大雨の日も増えています。

これは、エネルギーをつくるためにモノを燃(も)やしたり、森の木を切ったりすることで「二酸化炭素(にさんかたんそ)」が増(ふ)えて地球の温度が上がってきているからだと言われているよ。

だから、みんなでできることとしては、たとえばエネルギーをムダづかいしないこと。

そして、もし大災害(だいさいがい)が起こっても、早く元に戻せるような仕組みづくりを考えていかなければならない。

【考えよう!調べよう!】

  • おじいさん、おばあさんに、子どものころと比(くら)べて、暑くなったか聞いてみよう。
  • エネルギーのムダを減(へ)らすために、毎日のくらしのなかで何ができるかな。

目標(もくひょう)14
きれいな海を取り戻(もど)そう【海の豊(ゆた)かさを守ろう】

14番目の目標(もくひょう)は、きれいな海を取り戻(もど)すことです。

わたしたちが毎日使っているペットボトルやビニールぶくろは、一度使っただけで「プラスチックごみ」になります。

そのうち、日本からは毎年2万〜6万トンのプラスチックごみが海に流れ出てしまっているんだ。(2万トン=東京タワーが5本分ぐらい!)

魚やカメが、エサだと思ってごみを飲みこんだり、体に絡(から)まって動けなくなったりしてたくさん死んでいる。

わたしたちだって、家に息苦しくなるほどごみを投げ入れられたらイヤよね。人間だからって、海の生き物を苦しめていいわけはない。

また、魚を取りすぎて、海の生き物たちが滅(ほろ)びそうになっている。

魚を取りつくしてしまうような、ムリな漁(りょう)をやめようという動きもあるよ。

【考えよう!調べよう!】

  • 1日に家で捨(す)てたプラスチックをメモしてみよう。食品トレー、ストロー、ペットボトル、おやつの包(つつ)み…どのくらいあるかな。
  • ペットボトルやビニールぶくろのごみを減(へ)らすには、何ができるだろう?

目標(もくひょう)15
きれいな陸(りく)も取り戻(もど)そう【陸(りく)の豊(ゆた)かさも守ろう】

15番目の目標(もくひょう)は、動植物や虫たちを滅(ほろ)ぼさないということ。

地球に住んでいるのは人間だけではありません。

人間よりずっと多くの動植物や虫たちが、大昔から命のバトンをつないできました。

でも今、地球の多くの場所で人間が森林を切り開いてきたことで、動植物や虫のすみかが減(へ)っています。また、人間が食べる野菜や、牛や豚やニワトリの食べ物を作るための農業で、農薬がたくさん使われることも、動植物や虫を苦しめたり、減(へ)らしたりしています。

「自分の知らない虫や動物がいなくなっても、関係(かんけい)ないよ」と思う人もいるかもしれません。

でも、ある虫がいなくなることで、花粉(かふん)が運ばれなくなって絶滅(ぜつめつ)する植物だってあるかもしれません。また、その虫や植物を食べていた鳥や動物が絶滅(ぜつめつ)するかもしれないのです。

世界中の生き物は、人間の知らないところでつながり合っています。

それに何より、人間だけが生き残(のこ)って、ほかの動植物は絶滅(ぜつめつ)してもいいというのは、おかしな考えです。

森や、動植物・虫たちを、減(へ)らさないための行動が必要(ひつよう)です。

【考えよう!調べよう!】

  • どうして森の木は切られていくのだろう?
  • どうして農薬を使うのだろう?

目標(もくひょう)16
平和と公正をすべての人に

16番目の目標(もくひょう)は、暴力(ぼうりょく)や悪さをする人のいない社会を作ることです。

今も世界のどこかで、5分に1人の子どもが暴力(ぼうりょく)によって命を落としています。

また、いじめや、幸せを奪(うば)うようなひどいことが起きています。

だれかに都合のいいように、法律(ほうりつ)が守られないこともあります。

戦争(せんそう)や、争(あらそ)いごとも終わっていません。

【考えよう!調べよう!】

  • いじめをなくすために、きみができることはあるかな?
  • 昔の日本はなぜ、戦争(せんそう)をしていたのだろう?

目標(もくひょう)17
みんなで目標(もくひょう)をやりとげよう【パートナーシップで目標(もくひょう)を達成(たっせい)しよう】

17番目の目標(もくひょう)は、これまでのいろいろな目標(もくひょう)を世界中のみんなでやりとげることです。

でも、世界には豊(ゆた)かな国もあれば、貧(まず)しい国もある。

たとえば、毎日お腹(なか)いっぱい食べていて元気な人と、食べるものがなくてお腹(なか)を空かせている人がいたとしたら、みんなに「いっしょに目標(もくひょう)をやりとげよう!」といっても、病気がちな人には難しいよね。

元気のある国がつらい国を助け、元気のある人がつらい人を助けなければ、みんなでいっしょに問題の解決(かいけつ)なんてできっこない。

大人も子どもも、その気持ちを持って、世界の問題を解決(かいけつ)するために同じ目標(もくひょう)に取り組んでいこう。

【考えよう!調べよう!】

  • 困(こま)っている人のために、きみが何かしたことはあるかな。
  • きみが困(こま)っていたときに、助けてもらうとどんな気持ちかな。

この記事を書いた人

info@tomosta.jp

ともすたは、「学ぶ。をちゃんと」をコーポーレートテーマに、すべての人が学びやすい環境を作ります。
映像講義やオンラインコンテンツを通じてプログラミングを学びたい方々を応援しています。