国連人権理事会、ロシアの理事国資格を停止。93カ国が賛成に。

おかねのべんきょうキット 両替ゲーム、お買い物ごっこでお金を身近に感じよう! ※ 対象年齢 4歳〜 詳しくはこちら

7日、国連こくれん国際連合こくさいれんごう)の緊急特別会合が開かれ、「国連人権理事会こくれんじんけんりじかい」のロシアの資格を停止する投票が行われました。

全部で193カ国が投票し、賛成が93カ国、反対が24カ国。その他、投票をしない「棄権きけん」と「無投票」がそれぞれ58カ国と18カ国でした。これにより、賛成が反対の3分の2以上になったため、ロシアの理事国停止が決まりました。

これは、ロシアとウクライナの戦争を「ロシアの責任だ」ということを国連として示すためのもので、また賛成をした国と賛成をしなかった国(反対、棄権、無投票)の国が、ロシアに対して味方をしているのか、そうでないのかをはっきりさせる目的がありました。

なお、ロシアはその後、自分から理事会から離れる「離脱りだつ」を表明。理事会には復帰ができなくなりました。

国際連合ってなに?

国際連合(国連)は、1945年に世界の各国が集まってできた機関。第二次世界大戦の反省を踏まえて、世界の平和や安全を守るために活動しています。

SDGsの17の目標(もくひょう)を、いっきに知ろう!
小学生でもわかるSDGs

この記事を書いた人

ともすた編集部

ともすたは、「学ぶ。をちゃんと」をコーポーレートテーマに、すべての人が学びやすい環境を作ります。
映像講義やオンラインコンテンツを通じてプログラミングを学びたい方々を応援しています。