海はどこまで自分の国のものなの?

海岸に行くと、目の前に広がる果てしない海。この海は、一体誰のものなんでしょう? 地面は、「国境こっきょう」という場所で自分の国と他の国という区分けがされていますが、実は海にもしっかりとした決まりがあります。

自分の国と同じ海の「領海りょうかい

日本のように海に接している国の場合、例えば海岸ギリギリの所まで他の国の戦艦がやって来たりしたら大変です。そこで、海には「領海りょうかい」という「ここまでは自分の国の海ですよ」と決められた場所があります。それが、その国の海が始まるところ(正式には「基線きせん」といいます)から、12海里かいりの場所まで。

「海里」というのは、海で使われる単位で1海里が1,852m。12海里は約2.2kmになります。この12海里というのは、国連という各国の代表が集まって決める会議で決められました。

この領海は、他の国の船は入ってきても良いものの、その国の法律で取り締まることができます。例えば戦艦など攻撃ができる船などは入ることができず、もし入ってきた場合は自衛隊という、日本を守る人たちによって警告や最悪の場合は攻撃する事になるかも知れません。基本的には、日本の国のものという考え方です。

領海の外に広がる、接続水域せつぞくすいいき排他的経済水域はいたてきけいざいすいいき

次に、それより外側に「接続水域せつぞくすいいき」という場所があります。これが24海里(領海を含む)。ここでは、領海に近づいてくる船などに対して警告などを行うことができます。

さらにその外側、200海里までの範囲を「排他的経済水域はいたてきけいざいすいいき」といいます。ここは魚を捕ったり、石油を取ったりすることができる範囲で、他の国がこの排他的経済水域で魚を捕ったりする場合には、その国の許可を取る必要があります。なお、この排他的経済水域のことを「EEZ」などと呼びます。

日本は、全体を海で囲まれているため、EEZが非常に広く日本の面積の10倍にもなります。すごい広さですね。