クリスマスはどんな日なの?

もうすぐ12月24日のクリスマスイブ、そして25日のクリスマスがやって来ます。クリスマスツリーを飾ったり、いろどられたまちに出かけていくのも1つのイベントになっているのではないでしょうか。そんなクリスマス、もともとはどんな日なのでしょう?

12月25日は、イエス・キリストの降誕の日

12月25日は、イエス・キリストという人の「降誕こうたん」の日とされています。イエス・キリストという人は「キリスト教」という宗教を広めた人で、「神の子」とされていることもあります。

このイエス・キリストの「誕生日たんじょうび」というのが分かりやすいかも知れません。とはいえ、実際にはイエス・キリストが誕生した日とは違うようです。そのため「降誕」という言葉を使います。この日を記念して、キリスト教を信じる人々がお祝いしたのが、クリスマスの始まりです。

とはいえ、現在の日本のクリスマスのようにさまざまなイベントがあるわけではなく、家族で過ごしたり、教会に行ったりなどをするという日でした。また、フランスやスペインなどでは前日の夜からお祝いをしていて、これが「クリスマスイブ」として、日本にも伝わったとされています。

日本でのクリスマス

日本では、江戸時代などにキリスト教を広める(布教ふきょう)ために日本を訪れていた宣教師せんきょうしによってクリスマスのお祝いがされていましたが、キリスト教が禁止されてしまう時期があり、日本には広まりませんでした。

日本に広まったのは、明治時代。クリスマスの時期にお店の商品がたくさん売れるように、街にクリスマスツリーを飾ったり、プレゼント用の商品を置くなどしてじょじょに盛り上がっていきました。実は、現在のクリスマスのさまざまなイベントは、いろいろな国のさまざまなものが組み合わさってできています。

クリスマスツリー

クリスマスツリーは、もともとドイツで木を飾ったのが最初とされています。冬でも葉を落とさないもみの木などを飾ることで「命の強さ」を表していると言われています。

クリスマスプレゼント

クリスマスにプレゼントを贈り合うのは、アメリカでもともとクリスマスのあいさつとしてカードなどを送り合うことから始まったとされています。

チキン

クリスマスによく食べるチキンですが、これはもともとアメリカなどでよく食べられている「ターキー(七面鳥)」からヒントを得たものです。また、ターキーもクリスマスに特別食べるというわけではなく、「お祝い事」の時によく食べることから、クリスマスパーティの定番となり、そこから日本でも手に入りやすいチキンになったとされています。

サンタクロース

日本でサンタクロースが知られるようになったのは、1800年の終わり頃。海外から来たクリスマスカードなどにサンタの姿が描かれていて、それをさまざまな雑誌や本などで紹介されたことから、今の赤白の衣装で白髭のサンタクロースのイメージをみんなが持つようになりました。

今では、クリスマスはキリスト教でもそうでなくても、年の終わりを世界中でお祝いするパーティの1つとなりました。キリスト教を信じる人はもちろん、そうでなくても、今年1年を振り返って、新しい年を迎えるためのパーティができるといいですね。