フェアトレードってなに?

フェアトレードを日本語にすると「公平こうへい公正こうせい貿易ぼうえき」という意味になります。
「公平・公正」とは「平等びょうどうにすべてのものを同じように扱う」ということです。

現在、発展途上国はってんとじょうこくが作ったチョコレートやコーヒー、バナナ、洋服などの商品を
先進国はかなり安い金額で買っています。

普通なら100円する商品を無理やり10円で売らせている状態です。

不平等ふびょうどうな貿易」を「公平・公正な貿易」にすることがフェアトレードの目的です。

フェアトレードの良いところ

適切てきせつな金額で先進国が商品を買うことで、発展途上国の人たちは生活が安定し、
貧しさから抜け出せます。無理やり働かされている子どもたちも学校に行くことができます。

また、フェアトレードは、地球環境のことも考えています。
フェアトレードがもっと広がれば、地球にやさしい方法でチョコレートやコーヒーなどを
作る人たちも増えていきます。

みんなのまわりにあるフェアトレード

みんなが行くスーパーにもフェアトレードに関係する商品はたくさんあります。
これらをフェアトレード商品と呼んでいます。
フェアトレード商品にはこんなマークが印刷されています。

みんなが買うチョコレート1つで少し世界が変わるかもしれないね。

関連記事(SDGs)

参考

https://www.fairtrade-jp.org/