わり算のひっ算はどうやるの?

おかねのべんきょうキット 両替ゲーム、お買い物ごっこでお金を身近に感じよう! ※ 対象年齢 4歳〜 詳しくはこちら

例えば、次のような問題を考えましょう。

72枚の色紙を3人で分けます。
1人何枚になりますか?

式で表すと次のようになります。

式にすると…

72÷3

ちょっとむずかしいね…

どうでしょう、ちょっと難しい計算ですね。そんな時は「ひっ算」を使うと便利です。今回は、わり算のひっ算のやり方を紹介しましょう。

わり算のひっ算のやり方

わり算のひっ算は、次のような「屋根」を使って計算します。屋根の中に割られる数(ここでは72)、屋根の横に割る数(ここでは3)と書きましょう。

そしたら、最初に割られる数の10の位(ここでは7)と、割る数(ここでは3)だけで計算しましょう。これなら簡単ですね。2あまり1になります。

そしたら、ここで求めた2を屋根の上に書きましょう。

次に、割る数と出た答えをかけ算して、7の下に書きます。ここでは、3×2で6ですね。

SDGsの17の目標(もくひょう)を、いっきに知ろう!
小学生でもわかるSDGs

この記事を書いた人

ともすた編集部

ともすたは、「学ぶ。をちゃんと」をコーポーレートテーマに、すべての人が学びやすい環境を作ります。
映像講義やオンラインコンテンツを通じてプログラミングを学びたい方々を応援しています。