木の葉が紅葉するのはなぜ?

秋や冬になると、緑色だった木々の葉っぱが赤や黄色に変わり、季節の移り変わりを感じます。

春や夏は緑色だった葉っぱが、なぜ赤や黄色に変わるのでしょう? その秘密は、「葉緑素ようりょくそ」にあります。

葉っぱが緑の理由

赤や黄色に変わる理由の前に、逆になぜ夏などに葉っぱは緑色をしているのでしょう? まず、そもそも葉っぱは何のためにあるかといえば、太陽の光を浴びるため。木などの植物は太陽の光と二酸化炭素にさんかたんそからエネルギーを作り出す「光合成こうごうせい」を行って成長しています。

この陽の光を最大限に浴びれるように、たくさんの葉っぱを生やすのです。この葉っぱの中には「葉緑素」という色素が含まれていて、これが効率よく陽の光や酸素を取り込む役割をしています。

そして、この葉緑素という色素が緑の光を反射するため、緑色に見えるのです。

秋になると葉緑素が栄養に

秋になって、陽の光が弱くなってくると、木々は冬に備えて準備を始めます。もう葉っぱを生やしていても、エネルギーが作り出せなくなるので、葉緑素を幹に取り込んで栄養にしてしまうのです。葉にはこの他にも、色々な色素が含まれているのですが、葉緑素が多い場合はそれらの色は緑に隠れてしまいます。

しかし、葉緑素がなくなるとそれらの色が表面に現れるため、赤や黄色に見えるというわけです。

また、けやきなどの一部の木々で、「アントシアニン」というものを葉緑素の代わりに作り出すものがあり、これもまた葉が赤く見える原因です。こうして、秋頃に色が変わった葉は、その後落ちてしまって、木は枝の状態で冬を越して、次の春に新しい葉を芽吹く準備をするというわけです。

長い冬が始まりますが、また次の春に新芽を出してくれるのを楽しみに待っていましょう。