おかねのべんきょうキット 両替ゲーム、お買い物ごっこでお金を身近に感じよう! ※ 対象年齢 4歳〜 詳しくはこちら

子どもに音読をさせているものの、上手にならずに困っている保護者の方は多いと思います。

音読の宿題は多かったりしますし、重要な勉強だったりするのでなんとか上達してほしいと思いますよね。

  • 音読を上手にさせる具体的な方法が知りたい
  • 音読はどれくらい大切なのだろう

そんな風に感じている方もいる事でしょう。

そこでこの記事では、音読を上手に行うコツについて詳しく解説していきます。

3分程度で簡単に読めますので、ぜひ見てみてください。

音読の大切さ

音読については、主に「国語」の勉強で行うイメージが大きいかと思います。

国語の授業では音読をたくさん行います。

音読を通して、ストーリーを理解することもあるでしょう。

国語の授業をしっかりと理解するためにも、音読は重要なものです。

しかし国語の授業だけに限らず、他の科目でも役立ちます。

音読を通して身につけた読解力はさまざまな学習で役立つのです。

例えば算数を例にとると、「文章題」の問題を解くことがあるかと思います。

しっかりとした読解力がなければ、問題を理解することはできないでしょう。

問題がわからなければ答えることができません。モチベーションも下がってしまいますよね。

他にも、テストの見直しの場面が挙げられます。

テストを解き終わった後には、しっかりと自分の回答を確認することでより高得点を取ることができます。高得点が取れれば勉強のやる気にもつながるでしょう。

しかし、読解力が弱いと見直しにも時間がかかってしまいます。

結果的に見直しが面倒になってしまったり、時間切れとなってしまいテストの点が低くなってしまうのです。

音読のメリット

では、音読のメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

上記でも挙げましたが、他にもたくさんの良さがあります。

以下で詳しく解説をしていきます。

コミュニケーション力が上がる

音読をすると、コミュニケーション力を上げることができます。

音読とコミュニケーションにはあまり関係がないように思えるかもしれません。

しかし、深く結びついているのです。

まず、音読をするとたくさんの言葉を知ることができるようになります。

たくさんの言葉が分かれば、友達の話している内容をより深く理解できるはずです。

また自分が話す際にも、音読で練習をしていればスムーズに伝えることができます。

言葉もたくさん知っているので、より正確に内容で伝えることができるのです。

学校では友達とコミュニケーションを取ることは多くあります。

ちょっとした伝え方のズレで、友達とトラブルになってしまうこともあります。

自分の思いを伝えられなければ、お子さん自身も大変な思いをすることでしょう。

音読をするメリットは大きいのです。

勉強が楽しくなる

学習指導要領には「主体的な学び」をすることが重要だとされています。

教員や親から教わる受け身な学びではなく、自分から学んでいくということです。

人から教わるだけだと、なかなか勉強に興味をもつのが難しかったりしますね。

しかし自分から学んでいくことができれば、より勉強が好きになるはずです。

図書館に行って好きな本を読むこともできますし、気にいった参考書も読むことができるでしょう。

しかし、主体的な学びをするためには「読解力」を身につける必要があります。

読解力がなければ何が書いてあるのかを理解することが難しいからです。

自分が好きな勉強を行なっていくためにも、音読を行なっていくことが重要になります。

頭の回転が速くなる

音読をすると、頭の回転が速くなるというメリットもあります。

音読は、「前頭葉・右脳・左脳」などをバランスよく刺激することができるのです。

脳を刺激することで、たくさんの勉強に役立てることができるでしょう。

文を読むという意味では「黙読」でも変わらないのではないか?と感じる方もいるかもしれません。

しかし、実際には音読の方が脳の刺激にはメリットがあるとされています。

上手に行うコツ

では、実際に音読を上手に行うためにはどんなことをすれば良いのでしょうか。

具体的な方法を挙げましたので、見てみてください。

ビジョントレーニングを行う

1つ目はビジョントレーニングを行うことです。

ある程度音読が得意なお子さんであれば、必要がないかもしれません。

しかし、音読が苦手なお子さんは「文章を目で追えていない」可能性もあります。

そのため、まずは目の動かし方からトレーニングしていく必要があるのです。

ビジョントレーニングにはさまざまな方法があります。

  1. 遠くのものと近くのものを順番に見る。
  2. 眼球を回して動かす。
  3. 番号を追う練習をする

などがあります。

自分に合ったものを選ぶのがベストだといえるでしょう。

②については、「右回り・左回り」と順番に動かしながらバランスよく行なっていきましょう。

③は紙にランダムに1〜40の番号を書いておきます。その後、1〜40の番号を順番に探していきます。

数字を探す動作によって目を動かすことになるので、良いトレーニングとなります。

短い文を読む

ビジョントレーニングを行うほどのお子さんでなければ、短い文を読むことから始めるのも良いかもしれません。

文章は多少読めるけれど、長い文だとつっかえてしまうという場合は短い文から始めてみるのがおすすめです。

具体的に良いものとしては、「詩」が挙げられます。

長い文だと読むのが嫌なお子さんでも、「詩」であれば楽しんで読んでいるケースは多くあります。

言葉遊びのような面白い詩もたくさんありますので、まずはお子さんが詩を読むのを楽しめるように工夫をしてみましょう。

文を区切ってあげる

文を読む時には、区切ってあげるのもおすすめです。

音読が苦手なお子さんには、教科書に単語ごとに斜めの線を入れてあげるのです。

こうすることで、文のまとまりがわかるようになります。

一気に音読をすることが楽になるのです。

少し面倒な作業ではありますが、教科書の文に線を引いていくようにしましょう。

長い文章だと全部を読み切るのは難しいかもしれません。

その時には、保護者が一緒に読むのも良いでしょう。

「最初は長い文を読まないようにする」などの工夫もおすすめです。

お子さんが楽しみながら勉強できる環境を作れば、上達もどんどん速くなってくるはずです。

後追いで読む

誰かが文を読んだ後に、追って文を読むようにするのも良い方法です。

学校などでは、教員が読んだ後に生徒が読むといった指導がされることは多いです。

とはいえ、宿題の音読などはなかなか子どもが後追いで読むことは少ないのではないでしょうか。

自宅でも、親が読んだ後にお子さんが読むといったトレーニングをすることで上達をすることができます。

特に、音読が苦手なお子さんは「発音・イントネーション」がよく分かっていない事もあります。

文章を上手に読むためにも、後追いのトレーニングは必要です。

好きな文を読む

教科書の文を読むだけだと、退屈に感じるかもしれません。

上手に読めなければ子ども自身もストレスを感じるはずです。

そこで、好きな本を音読する時間を作るようにしましょう。

「はらぺこあおむし」などは、子どもにも大人気の作品ですね。

できるだけ短い文の作品を選んで、上手に読めた時にはたくさん褒めるようにします。

褒められれば、子供のやる気もアップするでしょう。

まとめ

上手に音読をするための方法はたくさんあります。

まずは、お子さんに合った方法を選びながら実践してみてはいかがでしょうか。

継続していれば、だんだんと上手になってくるはずです。

この記事を書いた人

まつむし

小学校教諭6年・塾講師3年を経験後、WEBライターに転身。
教育現場にいたからこそ伝えられる温かい記事作りに努めます。